浮気調査はやはり興信所が無難です

そもそも浮気はしていいの?

配偶者の浮気問題に詳しくない人や浮気に関心がない人の中には、 なぜ浮気をしたら駄目なのかいまいちわからない、という人もいるのではないでしょうか?

「恋愛って自由なんじゃないの?」と考える人や、 「浮気される方も悪いよ」などと考える人もいるでしょう。

確かに恋愛の自由は憲法にありますし、浮気をしても現代の日本で罪に問われることはありません。
あくまでその人たちの家族問題であって、他人がどうこういうことじゃない、と言う人もいるでしょうね。

実際、その通りの部分もありますが、それらの意見は決して浮気をされた人の立場に立った見方はしておらず、 多面的な見方・考え方とは言えないのではないでしょうか。

しかも、これらはあくまで道徳・モラル的な範囲に限られる意見であり、法律的な部分については全く通用はしません。
浮気は罪に問われることはなくとも、人に損害を与えたとして賠償金の支払いを命じられる行為だからです。

浮気は民事上の違法行為

浮気がなぜ損害をあたえることになり、賠償金の支払いを命じられることになるのか?
何も難しいことではなく、夫婦には法律上、貞操の義務があり、浮気をすること即ち貞操の義務に違反することは法律違反に該当するのです。

また、貞操の義務違反は不貞行為と呼ばれ、不貞行為は民法709条の不法行為に該当します。
この民法709条は、他人に損害を与えた者はこれを賠償しなければならない、と定めており、 浮気の場合は、精神的に損害を与える行為と解釈されています。

このように、民事上のこととはいえ、浮気が法律で違法とされている行為であることは間違いないのです。
但し、してはいけないということではなく、すればそれ相応の法律的な罰がありますよ、ということであり、 浮気の罰は「賠償金の支払い」となります。

結局、浮気に限らず、物事の善し悪しは法律的な面でしか判断できないことが多いのかもしれません。
浮気をするしないの選択は個人的判断で決まり、浮気をした場合に起こる出来事の責任もまた個人で負わなければなりません。
探偵に浮気調査されたりするのも、その人がした浮気という行為による結果の一つであるわけですね。

まあ、浮気の場合は、子供がいるかどうかで随分と変わってくるのでしょうか。
夫婦の不仲や浮気が子供の成長に悪影響を与えているという研究結果もあるようですからね。