浮気調査はやはり興信所が無難です

不倫の結末

不倫している事が配偶者の知るところになってしまったという人はけっこういるのではないでしょうか。。
それこそ配偶者が探偵に不倫調査を依頼されて不倫の実態や証拠も押さえられてしまった人も少なくないのではないでしょうか。
不倫経験者の多くは不倫をしてしまった為に悲惨な結末を送っている人がほとんどみたいです。
よく著名人や芸能人でも不倫問題が発覚しその多くの人は社会的制裁を含め、様々な悲惨な結末を迎えているのをゴシップ記事などから目にする人も多いかと思います。

友人や知人などの場合でも不倫が発覚したことでそれなりの結末を迎えていますがただ夫の不倫と妻の不倫では多少の違いはあるみたいなのです。

・夫の不倫のケース

夫の不倫のケースではまず夫が妻に対して誠意を持って謝罪することで許されるケースが現在でも多いという事なのです。
妻にしてみれば離婚を考えたとしても今後の生活の問題や子供の将来、両親を含む家庭事情なども考慮した結果、我慢して離婚せずに許す人はまだまだ多い模様です。 確かに以前よりは離婚を選択する妻は増えてきていますがまだまだ我慢される妻も多いと言うことです。
ただし不倫相手に対しては慰謝料の請求などきちんと法的手続きを取る人は増えてきていますし相手が同じ勤務先であった場合には上司などに相談をする形で密告する 妻もいるみたいです。
会社にしてみれば同じ職場での不倫行為は就業規則違反にもなり、職場を移動させたり、時には片方を退職するように仕向ける場合もあるみたいです。
まっ、同僚が不倫を知ることになるとどちらかが退職するか、また両方とも退職する様になってしまう場合もあるみたいです。
不倫をした為に退職しなければならないという場合も不倫の結末してはあると言うことも肝に銘じておくべきです。

家庭生活においても離婚を免れた夫はある程度の期間、金銭的な制約は勿論の事、束縛や嫌み的な小言という精神的苦痛も長く続く覚悟しなければなりません。
これまた辛い生活かもしれません。

離婚を選択する妻は財産分与は当然の事ながら不倫した夫から慰謝料も出来るだけ高く取ろうとしてきます。
未成年の子供でもいれば養育費などの請求も当然してきます。
不倫してしまった事から離婚となった夫は余程、金銭面での余裕がない限り、相当の負担がどうしても付いてまわってきます。

・妻の不倫のケース

妻の不倫を夫が知った場合、夫はなかなか許せるものではないようです。
殆どの夫婦は離婚を選択すると聞きます。
僅かでしょうが妻に生活力があり、それを頼りにしている夫だと許す人もいるでしょうが世間体を気にして既に仮面夫婦となっているかもしれません。

離婚する、しないにかかわらず不倫という不貞行為をした妻に対して夫は慰謝料を請求しする権利がありますが離婚しない場合には殆ど請求されていないようです。 ただ不倫相手男性に対して夫は殆どと言っても過言ではなく慰謝料請求を実行します。

離婚した場合、不倫相手が独身であった場合、その男性に面倒を見て貰うというケースもないこともないのですが殆ど、人妻であった場合、遊ばれている4ケースが多く、 慰謝料の請求の際に逃げてしまう人も多いのです。
既婚者の場合には相手の奥様から慰謝料を請求される事も多く、離婚した場合には夫と相手の奥様から慰謝料を請求されるケースが多く、またこの不倫関係が継続するケースは 少ないと言え、離婚後は生活もままならない人が多くなっています。

不倫の結末としては夫にしろ、妻にしろ、いずれも悲惨な生活をしている人が多いのが現実です。
ちょっとした気のゆるみから不倫に走ってしまった人はそれ相応の覚悟をしておかなければならないという事です。